自動的にSFAに記録

10年、20年前にSFAを使った経験がある営業マンは、最新のSFAを知ると想像がつかないものになっているでしょう。自動でSFAに記録できる機能まで備わってきているわけですから。

例えば、イベントなどに参加し、そこで頂いた名刺。または商談した際の情報が自動でSFAの方に蓄積されていくんです。

SFAを提供しているベンダーでは、貯まった情報と元からある自社のデータベースを参照して、これまでの顧客のほか、親和性が高いと思われる会社とマッチングすることもできるとのこと。

中小企業などでは見込み顧客の情報を入手することさえ困難ですからね。SFAに自動で記録されていったり、親和性との高い企業とのマッチングまでしてもらえるベンダーがあるのなら、是非に利用したいと思うものでしょう。そして、過去にSFAの導入を失敗したことがある人でも、その時に感じたこととは違う別の感情が生まれるかもしれません。このような機能があることで「もう一度使ってみようかな」と再チャレンジしてくれるかも・・。


Leave a Reply