SFAをいざ使おうとなった時、最も負担になるのが顧客情報の入力と言います。SFAは営業情報を蓄積していくためのツールでもあるため、最初に顧客情報を入力しておくことが大前提となります。

見込み顧客として持っていた情報。エクセルで管理している営業マンが多いと思われますが、それをSFAに入力し直さないといけない・・。聞いただけでもゾっとします^^もしかしたら、最近のSFAではエクセルからそのままSFAの方に移行できるような便利な機能やサービスもあるのかもしれませんが、手入力しないといけないと思った瞬間、SFAというツールが大きな負担になってしまいますよね。

もし名刺管理とSFAが連携できるもの同士であれば、先に名刺管理を使ってみるのも良いかもしれません。名刺を持っていれば・・の話しですが。。名刺をデータ化し、それを自動でSFAの方に入力できる、そんな機能、連携可能なツールもあるんです。

SFAは、使いこなすのも難しいと言われているツールなので、できるだけ営業マンの負担を軽くするためにも、連携可能なツールを選ぶようにしたいものですね。


Leave a Reply