共有することが大事

情報は、組織で共有できることがとても大事です。ある一部の人、一つの部署だけで使うより、全体で使うことで、情報はさらに会社に利益をもたらしてくれるんです。

ある見込み顧客の情報を営業部だけが持っていたとしましょう。営業部では見込み度が低いとされ、しばらく放置されていました。ところが、マーケティング部にその情報がもたらされ、分析されると、最大のチャンスをやり過ごしていたことがわかったんです。あと1ヵ月前にこの情報をマーケティング部が入手できていたら、受注を見込めたかもしれない。このような事態が出てくるんですね。

自分たちにはわからなくても、また自分たちとはつながりがなくても、他の部署では全く違った情報として捉えられることも多くあります。情報が宝と言われるのには、このような理由があったんですね。

SFAを利用すれば、この情報は蓄積され共有化されます。失敗した案件であっても、そこから次の営業を生み出すことは可能なんです。


Leave a Reply