ほとんどの企業では、縦割り業務がまだまだ残っています。横のつながりを試みても最初の段階で挫折する場合もあるようです。最も多いのが、利用しているプラットフォームがバラバラなため、情報を共有化できないということ。

ある会社では、全国に展開している店舗の情報が一括管理できていないために、トラブルも多かったと言います。そこで、顧客情報も案件情報も共有できるよう、SFAを導入したそうです。当初は本当に大変だったと言います。顧客情報を必要なもの、切り捨てるものに分けるところからのスタートですからね。従業員の方たちの苦労も相当あったと言います。でも、この苦労のおかげで情報が横につながり、お客様センターから営業部までリアルタイムに情報が行き渡るようになったそうです。

プラットフォームを変えることには、抵抗もあったようですが、以前のものよりも進化し、便利な機能が多ければ、従業員も納得して使ってくれたとのことでした。


Leave a Reply