楽天が英語を社内での公用語にした、と当時はすごいニュースになりましたよね。なぜ日本に居るのに、日本人なのに、英語を使うのか。グローバルな視野で考えれば確かに英語は世界では必要かと思いますが、個人的には??と感じたものでした。

そして今回のプログラミングですが、こちらはごもっとも!と思いましたね。楽天にもいくつかのグループがあり、業種も様々ですし、全くプログラミングには関係の無い社員も多いことでしょう。でも、プログラミングができるようになれば、モノの見方、考え方に大きな視野を持てるようになる、と聞いたことがあります。また、営業の現場でもSFAなどシステムを運用する際にはそれなりのプログラミング技術が必要と言いますからね。

でもここで気づいたのは、英語を話せる、勉強するということと、プログラミングを必須とするということには共通点があるということでしょうか。視野を広く、考えることができる社員になると。そういった側面があることも踏まえると、営業を社内公用語にというのも納得できますね。


Leave a Reply