メールは助かる

私は、個人的には現在はLINEが最もコミュニケーションツールとして非常に助かっているツールです。しかし、ビジネスの場でそこまで親しくなれていない相手には、やはりLINEは使えませんよね。そこはやはりメールでしょう。

イベントなどで初めて自社製品に興味を持ってくれたビジネスマン。自ら見に来てくれた場合、見込み顧客として必ず登録する必要がありますよね。名刺交換をし、SFAなどの営業支援ツールにデータを移し、そこでランク分けする。それと同時進行で、イベント翌日には自社製品に興味を持ってくれたことを含めメールで礼状を書くことも営業マンには必要です。ありきたりの文句ももちろん大事ですが、その後に、相手が他に何に興味を持っていたのか、その話題にも触れることで、より相手に印象を残すことができます。

例え、メールの作成、送信できる時間が業務内では無かったとしても、相手は翌日の朝一で読んでくれれば良いわけです。ここがLINEなどとはちょっと違うところですよね。ビジネスメールは時間を気にしなくても大丈夫なわけです。これ、結構重要な点と言えます。


Leave a Reply